◆過眠症が治るまで◆慢性疲労症候群でもありました・・・

同じ病気でもいろいろ

慢性疲労症候群の人、慢性疲労症候群だった人、慢性疲労症候群かもしれない人。おそらく慢性疲労症候群じゃない人。…いろいろいますよね。それに同じ病気だったとしてもその程度はさまざまで共感出来る人なんてほとんど出会えない。孤独です。

同病でも働ける人、適当に遊びに行ける人、もしくは海外まで行っちゃえる人。私から見たら不思議以外の何者でもない。すこしひがみが入っているかもしれないけど、でもそんなの遠い遠いどこかのおとぎ話みたいな世界。

毎日息絶え絶えで、一日をやっと暮らしている自分。病気がひどくなって10年くらいかな。それまでは下り坂の10年。今自分は治る希望を持っているんだろうか?あきらめの気持ちの方が強いんじゃないだろうか?

どうしてこの病気が治る人と治らない人がいるんだろう。長患いの人はもうダメなんだろうか。
こうしてPCに向かっている自分。座っている脚が痛くてだるくてたまらない。腕もそう。全身は倦怠感でいっぱい。夜も十分寝たし、昼寝も2時間とったけどそれでも眠くて必死で起きている。こんな生活が毎日続いている。

私みたいな人、世の中にはいるんだよね。私より症状の重い人もいるんだよね。どうやって気持ちを保っていられるんだろう?体と心の折り合いをどうやってつけているんだろう?PCで似たような人を捜すこともあるけれど見つけられないのは、PCに向かう元気もない人もたくさんいるってこともあるんだよね。辛いよね。早く健康を取り戻せる方法が見つかればいいのに。
[PR]



by kaminsyo | 2013-05-28 19:52 | 慢性疲労症候群

思春期の頃からずっと体調を崩しています。パニック障害、うつ病、慢性疲労症候群・・・少しずつでも元気になりますように。
by kaminsyo
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧