◆過眠症が治るまで◆慢性疲労症候群でもありました・・・

その2

ところがだんだん薬を飲んでも症状が治まらなくなり、その症状が続いている時間も次第に長いものになってきました。

そこで大学病院の耳鼻咽喉科に行くことにしました。耳の中に水を入れて歩かされたり、CTとったり忘れちゃったけどいろんな検査をそこで受けた結果、メニエールかな?ということになりめまいを抑える薬をもらいました。それでもなかなか自分にあった薬が見つからずいろんな薬を試したり他の科(眼科、婦人科、脳外科など)で検査を受け続けましたが、レキソタン・メチコバールで落ち着きました。レキソタン...抗不安剤なんですが、始めは一錠からはじまって一番多いときは日に4錠でした。めまいはなんとか治まってくれたけれど、自律神経の気持ち悪い感じはずっともったまま。薬を飲んでいてもだんだん効き目が悪くなってたし、外に出ている間にまたいつ倒れてしまうか、という不安が常にあって外出することがとても恐かったです。悪循環ですね...

そんなわけでどうしても出席しなければいけない授業以外は出ず、最後にはそれも出席できず留年してしまいました。^^;; そのころはほとんど家で寝ていましたね。

脳外科でも検査入院して血管造影やMRIやいろんな検査をしたけれど結局どこにも悪いところはありませんでした。そこでつけられた病名は自律神経失調症。そのころはあまりぴんとくる名前じゃなかったけれど、あとから考えるといろんな私の周りの環境が体に影響していたのかなあ?と思います。(続く)
[PR]



by kaminsyo | 2004-05-05 19:47 | 過眠症(現在まで)

思春期の頃からずっと体調を崩しています。パニック障害、うつ病、慢性疲労症候群・・・少しずつでも元気になりますように。
by kaminsyo
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧