◆過眠症が治るまで◆慢性疲労症候群でもありました・・・

睡眠専門の病院にたどりつく

ネットのおかげもあり4年ほど前に睡眠障害を専門にあつかっている病院にたどりつくことができました。このときの安堵感とうれしさといったらありません。さっそく予約をとって数時間かけて行って来ました。

私の眠~い訴えを真面目にきいてくれる...そんな先生を目の前にしてうれしい気持ちでいっぱいになりました。問診をしておそらく私のは『無呼吸症候群』だろうということでしたが、どの睡眠障害であるかは入院して検査をしなければならないので予約を取ってその日は帰りました。

1ヶ月か2ヶ月か後、検査入院のために再度この病院を訪れました。体のあちこちに線をつけられて寝ます。となりの部屋では私のデータをチェックしているのであろう人の動きや、データが印刷された紙のぱさりと落ちていく音が気になってなかなか寝付けませんでした。たぶんほんの数時間しか寝ていないと思います。こんなんでちゃんとしたデータがとれているのかな...と不安でした。

翌朝先生から検査結果を聞かされたのですが、疑いのひとつであるナルコレプシーは消されました。そして「恐らく無呼吸症候群」だろう、とのことでした。先生から提示された治療方法として、マウスピース、シーパップ、薬の3つを上げられ、私はシーパップを選び数ヶ月先生の指導の下でこの治療を試すことになります。
[PR]



by kaminsyo | 2004-05-07 21:24 | 過眠症(現在まで)

思春期の頃からずっと体調を崩しています。パニック障害、うつ病、慢性疲労症候群・・・少しずつでも元気になりますように。
by kaminsyo
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧