◆過眠症が治るまで◆慢性疲労症候群でもありました・・・

カテゴリ:スタンフォード眠気尺度日本語版( 1 )




スタンフォード眠気尺度日本語版

今日ネットサーフィンをしていて『スタンフォード眠気尺度日本語版』というものを見つけました。過眠症を診断するにあたって、日中の眠気を客観的に評価分類するものらしいです。

レベル1.やる気があり、活発で、頭がさえていて、眠くない感じ
レベル2.最高とはいえないまでも、頭の働きが活発、集中していられる
レベル3.くつろいで起きている、しかしどちらかというとすこし頭がぼんやりし反応が悪い
レベル4.すこしぼんやりしていて、何かしたいと思わない
レベル5.ぼんやりしている、集中していられない、起きているのが困難
レベル6.眠いので横になりたい、ぼおっとしている
レベル7.まどろんでいる、起きていられない、すぐにねむってしまいそうだ


自分の眠気を表すのに分かりやすそうなのでこれから取り入れてみたいと思います。
[PR]



by kaminsyo | 2006-08-10 22:01 | スタンフォード眠気尺度日本語版

思春期の頃からずっと体調を崩しています。パニック障害、うつ病、慢性疲労症候群・・・少しずつでも元気になりますように。
by kaminsyo
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧